村上 隆

買取強化中

  • 帝室技芸員
  • 現代アート

むらかみたかし

「村上 隆」作品の買取
絵画買取 古美術永澤にお任せください

古美術永澤では、村上 隆の作品を高く評価し買取しております。
もし 村上 隆の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

村上 隆について

村上隆_デモ投稿用

有限会社カイカイキキ代表取締役、元カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員教授。学位は博士(美術)(東京芸術大学) 1993年(平成5年)。

自らの作品制作を行うかたわら、芸術イベント『GEISAI』プロジェクトのチェアマンを務め、アーティスト集団『カイカイ・キキ(Kaikai Kiki)』を主宰し、若手アーティストのプロデュースを行うなど、活発な活動を展開している。同集団は、アメリカのニューヨークにも版権を管理するエージェントオフィスをもつ。

日本アニメポップ的な作風の裏には、日本画の浮世絵や琳派の構成に影響されている部分も強く、日本画のフラット感、オタクの文脈とのリンクなど現代文化のキーワードが含まれている。中でもアニメ、フィギュアなどいわゆるサブカルチャーであるオタク系の題材を用いた作品が有名。アニメ風の美少女キャラクターをモチーフとした作品は中原浩大の「ナディア」に影響を受けたと本人も認めている。アニメーター・金田伊功の影響を強く受けており、自分の作品は金田の功績を作例として表現しているだけと話したこともある。

この村上の一連の創作活動について、スタジオぬえのスタッフだった漫画家の細野不二彦は自身の作品『ギャラリーフェイク』を通して「既成文化の盗作に過ぎない。日本のオタク文化に詳しくない外国人が、これらの作品の引用的要素をオリジナリティと勘違いして高く評価するのは当たり前」と非難している。これに対して村上は、細野さんと話したいと話しており、誰かが体系化しないと、日本の文化として生き残れないと話している。

また、漫画原作者である大塚英志は教授として就任した大学のトークショーにおいて「現代美術のパチモノの村上隆は尊敬はしないし、潰していく。我々の言うむらかみたかしは4コマまんがの村上たかしのことだ」と強く非難している。大塚は現代美術家がサブカルを安易に取り上げることや後述のリトルボーイ展の戦後日本人のメンタリティを無視した展示内容に強い不快感を持っている。また映画評論家の町山智浩も自身のブログで、「本来好きでもないのに、『電通的なマーケティング』でアニメ的手法を用いているのが許せない」「村上自身は『自分には表現すべきものがない』と言っているそうだが、本当は『自分は偉い』ということだけがテーマなのだ」と、村上を痛烈に批判している。精神科医の斎藤環は、批判者の言説は「村上隆は日本のオタク文化のいいとこどりをしただけ」との単純な論理に依ると捉え、その様な論理は根本的に誤解であり不当な批判を行っていると厳しく非難している。また、村上の作品はオタク文化から影響を受けているだけでなく、それを昇華させてオタク文化に影響を与えてもいると述べている。

村上は自らの作品について「日本人よりも外国人のほうが面白がって評価してくれる」と主張している。またオタクからの批判も多いが、これについて村上は「何の情報を持たない海外では、まずは分かりやすい”サビ”の部分を繰り返し演奏する仕掛けが必要」と考える反面「それはオタクの方々には”否”でなんでしょうね」と批判を分析している[要出典]。また、戦後の日本の美術界が西洋のモノマネで終わっていたが、マンガやアニメの表現方法で日本独自の芸術性が欧米のアートシーンの文脈に乗って紹介することで日本人独自の方法論でも世界のアートシーンで戦えると考えているという[要出典]。村上曰く、「マティスのような天才にはなれないがピカソやウォーホール程度の芸術家の見た風景ならわかる。彼らの行ったマネージメントやイメージ作りなどを研究し自分のイメージ作りにも参考にしている」と語っている。また、自身に批判的なツイートを公式リツイートすることで、炎上商法・炎上マーケティングを行っている点が、『芸術家らしい行動』と評価を受けている。

現代アートの買取はこちら

古美術永澤より 〜
村上 隆の買取について

村上隆の作品価値は上昇しております。これは買い手市場が活発な事がその背景にあります。故に村上隆の作品は買取側にとっても高い価値(高価査定)を付けやすい作品が多いです。 そのような事を踏まえ、当店では強化買取しております。 村上隆の作品をお持ちで売却をお考えのお客様は、是非とも古美術永澤までお気軽に御相談ください。

宅配買取・出張買取・持込み鑑定会
選べる3つの買取方法

  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 持込鑑定会

弊社の目利きがお伺いして、査定・買取を行うサービスです。

  1. STEP1
    お問合せ・お申込み
    お電話、メール、またはLINEでお申込み下さい。ご都合にあわせた訪問日時を決定します。
  2. STEP2
    ご訪問・査定
    お約束の日時に目利きがご訪問。お客様の目の前で拝見・査定させていただきます。
  3. STEP3
    成約・お支払い
    査定金額にご納得いただけた場合、その場で現金にて買取いたします。

出張買取の流れを見る

日本全国対応、自宅にいながら買取完了。

  1. STEP1
    お申込み
    お電話、またはメールにてお申し込みください。お売りいただく絵画についてオペレーターにお伝えください。
  2. STEP2
    お品物の発送
    ご依頼品をしっかり梱包していただき、ワレモノ扱い・送料着払いにてお送りください。
  3. STEP3
    査定・お振り込み
    現物を拝見し、査定金額をお伝えします。成約後、約3営業日以内にご指定の口座に振込みいたします。

宅配買取の流れを見る

毎月2回土曜日に開催、持込み鑑定会。

  1. STEP1
    お申込み
    お電話、またはご予約フォームよりお申込みください。鑑定会は月2回、土曜日に開催しております。
  2. STEP2
    ご予約完了
    ご相談内容、ご売却をお考えのお品物など分かる範囲でお聞かせください。
  3. STEP3
    査定・お買取
    弊社代表が拝見します。査定にご納得いただけましたら、その場で現金で買取ります。

持込鑑定会の流れを見る

買取対応地域
日本全国対応・出張料送料無料

古美術永澤は日本国内なら出張料・宅配送料は無料です。
まずはお気軽に査定をお申し込みください。

東北エリア
  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
関東エリア
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
中部エリア
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
近畿エリア
  • 兵庫県
  • 京都府
  • 滋賀県
  • 大阪府
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 三重県
中国エリア
  • 島根県
  • 鳥取県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国エリア
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州エリア
  • 福岡県
  • 長崎県
  • 大分県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県